節税対策をするのなら契約はいつが良いのか?

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

節税対策をするのなら契約はいつが良いのか?

生命保険の死亡保険金は、契約内容によって相続財産になることから相続税の課税対象になります。
しかし、生命保険の死亡保険金には、500万円×法定相続人の数という算式で求められる非課税枠があることから、生命保険の控除額によって相続財産の評価額を下げることができます。
また、基礎控除や配偶者控除などもあるので、死亡保険金にかかる相続税はゼロになることが多く、相続財産評価を引き下げるので相続税の節税対策として活用することができます。

このように相続税の節税対策に活用できるメリット以外にも、生命保険の死亡保険金は受取人固有の財産となるので遺産分割協議の対象外となります。
つまり、特定の相続人に財産を残したいと考える場合に活用できるといったメリットもあるのです。
それから、いつ遺産相続が発生するかは予想できるものではなくて、突然多額の相続税を納付しなければならないことが起こることも考えられます。
そのような場合に生命保険の死亡保険金なら受取人を指定しているので、書類を用意するだけで短期間に受け取ることができるので活用することができるのです。

このように生命保険に加入することで相続税の節税対策など、様々なメリットがあることは理解できても、いつ生命保険に加入すれば良いのかという疑問も起こります。
遺産相続などを考えて生命保険に加入するとなれば、ある程度高齢になってからの加入というケースも多いです。
その際注意したいのが健康状態で、健康を損ねていると保険に加入できなかったり、割高の保険料になったりする可能性もあります。
つまり、いつ生命保険に加入するのかというタイミングも重要になるということです。

いつ生命保険に加入するのか契約するタイミングが重要で、ベストな加入時期は被相続人が健康な状態と言えます。
しかし、高齢で生命保険に加入するケースの場合には、生前贈与を利用して子供自身が生命保険に加入させるという方法が得策になることもあります。
実は年間110万円までの贈与に関しては贈与税が発生しないという原理を利用すると、保険料を子供に代わって被相続人が負担することも可能です。