生命保険契約に関する権利の相続税評価金額とは?

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

生命保険契約に関する権利の相続税評価金額とは?

通常、被相続人の死亡によって取得した生命保険の死亡保険金に関しては相続税の課税対象となります。
ただ、相続税の非課税枠・基礎控除・配偶者控除などの制度があることから、相当高額な死亡保険金でない限りは相続税がかかることはありません。
生命保険と相続税の関係を考える場合は、このようなケースが一般的です。
しかし、生命保険契約に関する権利の相続税評価というのもあって、この点についても理解しておく必要があります。

この生命保険契約に関する権利とは、生命保険の契約に関する権利を取得した時点で、死亡など保険事故が発生していないものに関する権利のことです。
つまり生命保険の場合は、人の死亡により保険会社が保険金を支払うということが発生するのですが、それが起こっていない生命保険契約の権利ということです。

具体的な例としては、夫が生命保険会社と自分の妻を被保険者とする生命保険契約を締結して、その保険金の受取人を子供に指定していたとします。
ある日、夫が妻より先に亡くなった時には、被保険者である妻に保険事故が起きていないので保険金はまだ支払われません。
しかし、夫の相続人である妻と子供は被保険者である妻の保険事故があった時に、子供が保険金を受取るという権利を相続することになります。
この際発生するのが生命保険契約に関する権利の相続税評価で、評価金額は相続開始時点で仮に契約を解除した場合に、保険会社から支払われることになる解約払戻金の額になります。
また、解約払戻金と同時に余剰金や前納保険料などが支払われる時には、この評価金額は解約払戻金と余剰金などの合計額で評価されます。
ただし、源泉徴収される所得税がある時には、その所得税額が控除されます。

それから同じ条件で夫ではなくて妻が死亡した場合は、保険事故が発生しているので子供に死亡保険金の支払いがされます。
その時は、子供が保険会社から受け取った保険金は、夫から子供に贈与したものと判断されて贈与税の対象となります。