死亡保険金の相続税対策における計算順番

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

死亡保険金の相続税対策における計算順番

生命保険の死亡保険金は、残された家族が生活していくために大切なお金になるのですが、その一方で死亡保険金はみなし相続財産として相続税の課税対象になるのです。
しかし、残された家族の生活に影響がないように、国としても生命保険の死亡保険金に対する相続税の軽減措置を用意しています。
それが死亡保険金の非課税枠・基礎控除・配偶者控除の3つで、この制度によって相続税額を大きく軽減できるので計算方法などを知っておくと役立ちます。

生命保険の死亡保険金には非課税枠があって、500万円×法定相続人数という算式で計算することができます。
例えば、法定相続人が妻と子供2人の場合は、500万円×3名で1,500万円が非課税額になります。
その為、死亡保険金額が1,500万円の生命保険なら、この時点で相続税が一切かからなくなるということです。

生命保険の死亡保険金に対する税制上の配慮として基礎控除と呼ばれるものがあって、3,000万円+600万円×法定相続人の数といった計算式で算出することができます。
この基礎控除額は遺産総額から差し引くことができるので、遺族の生活を守ることにつながります。
例えば、先のように法定相続人が妻と子供2人の場合では、3,000万円+600万円×3人と言った計算式になって4,800万円が基礎控除額となります。
その為に遺産総額が4,800万円を下回っていれば、相続税が一切かからないことになるのです。

残る配偶者控除とは、各相続人の相続税額が決定した後で、配偶者について改めて税金額を計算し直すもので、実質1億6,000万円までは非課税となる制度です。
その為、生命保険の死亡保険金の受取人を配偶者としておくと、相当高額な死亡保険金が支払われることがない限り、この配偶者控除によって相続税額はゼロになると考えられます。
ちなみに、生命保険の死亡保険金の相続税対策においては、非課税枠・基礎控除・配偶者控除の順番で計算する必要があることを知っておく必要があります。