死亡保険金にかかる相続税の非課税枠とは?

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

死亡保険金にかかる相続税の非課税枠とは?

被保険者の死亡が理由で発生した死亡保険金の受け取りについては、被保険者と契約者が同一の人物なら、被相続人が保険料の全部または一部を負担している場合相続税の課税対象になります。
このように生命保険は相続税とも密接な関係を持っているのですが、死亡保険金には個別に非課税枠というのが設定されていて、その非課税枠を超えない場合には相続税は課税されません。
その為、生命保険の非課税枠と相続税について知っておくと参考として役立ちます。

この生命保険における死亡保険金の非課税枠というのは、500万円×法定相続人の人数といった算出式で計算できます。
例えば法定相続人が妻と子供2人いる場合には、500万円×3人となり1,500万円の非課税枠が設定されることになるのです。
ただし法定相続人の人数は、相続を放棄した人も人数としてカウントすることになります。

また法定相続人の中に養子がいる場合は、相続人に実子がいれば1人まで、実子がいなければ2人まで法定相続人の人数に含まれることになります。
例えば、法定相続人が被相続人の子供が5人だったとして、2人が実子で3人が養子の時は、3人の養子のうち1人が法定相続人の人数に含まれるので法定相続人の人数は3人になります。
また、全員が被相続人の養子である場合なら5人のうち2人が法定相続人として扱われて、法定相続人の人数は2人となるのです。

非課税限度額というのは、相続税の非課税枠として定められている事柄なので、もしも相続人でない人が死亡保険金の受取人になった場合には、相続税の非課税枠は適用されることはありません。
また、相続を放棄している死亡保険金の受取人の場合は、死亡保険金は問題なく受け取ることはできるのですが、相続を放棄しているので先の内容と同様の理由から相続税の非課税枠は適用されません。
ただし、非課税限度額の計算における法定相続人の人数には含まれるといった複雑な点もあるので注意が必要です。