相続税を支払う理由が意味不明

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

相続税を支払う理由が意味不明

image

・相続税はなぜ支払わなくてはならないの?
相続税に関して、「そもそも支払わなくてはならない理由が意味不明」だと思っている方も多いです。
事実、相続するものに関しては、当人が消費税を支払い、時には個性資産税なども支払って維持してきたものです。
それを相続するだけで税金がかかってくるというのは、確かに意味不明だと思います。
それらの点に反感を持っている方も少なくないのではないでしょうか。
国は何かと理由をつけて相続税を正当化していますが、国民にとっては単なる負担でしかありません。
実際に国に関しては、いかに国民から税金を搾取するのかを考えているのです。
そのため、国民もそれに対抗して対策を打っていくことが必要となります。
国に言われるがままに「はいはい払いますよ」と対応しているだけでは、損をするばかりだと言えるでしょう。
相続税に関しては支払う義務についてもそれぞれの条件によって変わってきます。
より多く遺産を相続する方が支払い義務を持つので、そこも理解しておくと良いでしょう。

・相続税を支払う義務がある人とは?
相続税に関しては、基礎控除として3,000万円と法定相続人1人当たり600万円の控除が認めらているので、まずはそちらを考えていくことが必要です。
逆に言えば、基礎控除は特別な条件なく控除してもらえるものなので、3,600万円を超えない限りは、税金を支払う義務もありません。
しっかりと支払う義務に関して考慮して、その上で対処していくことが必要となります。
もちろん、基礎控除を超えるだけの金額を相続する場合は、大きな税金がかかります。
事実、相続するのは現金だけではありません。
人によっては住宅や土地などの不動産を相続することが必要となるでしょう。
そうなった場合は、財産評価によって数千万円を超えるということも多々あります。
だからこそ、税金に関してはしっかりと計算することが必要なのです。
また、一人息子や一人娘の場合は状況が変わってきますし、兄弟姉妹がいるかどうかによっても変わってきます。
家族構成によって相続に関してはまったくと言って良いほど変わってくるので、そこも考慮して計算していくことが必要となるでしょう。

・意味不明なら弁護士に相談
支払う義務自体が意味不明だと思っている方はもちろんですが、手続きや申請などがわからなくて意味不明だと思っている方は税理士に相談することをおすすめします。
税理士は節税についてもしっかり対策してくれるので、使い方によってはとても役立つでしょう。