生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

image

夫が亡くなり、相続人は妻・長女・長男の3人だとします。夫は生前に生命保険に加入しており、保険金受取は妻・保険金額は1億円です。なお保険金は、夫本人が負担していました。
相続税は、相続した財産にかかる税金です。では生命保険にも、相続税がかかるのでしょうか。受け取った保険金は「みなし相続財産」となるので、答えは「YES」です。

「みなし相続財産」とは、被相続人の財産ではないものの、被相続人が亡くなったことで相続人のものになった財産をいいます。みなし相続財産には死亡退職金や死亡保険金が含まれ、生命保険も「みなし相続財産」として取り扱われます。
ではなぜ、保険金に相続税がかかるのでしょうか。保険金に夫が保険会社に1億円の保険料を支払い、受取人である妻が1億円の保険金を受け取ったとしましょう。1億円を支払ったのは生命保険会社であり、夫から受け取ったわけではありません。だから本来は、生命保険に相続税はかからないことになります。しかし生命保険に相続税がかからないとなると、無くなる直前に全財産を保険会社に支払えば相続税の支払いに悩まされることはありません。そこで生命保険を「みなし相続財産」として見て、相続税をかけることになりました。

保険金にかかる税金は、誰が保険料を負担していたかによって変わります。今回の例では保険料を支払っていたのは、被相続人本人です。被相続人が全額保険料を支払っていた場合、相続税として支払うことになります。
しかし保険料は夫が全額ではなく妻が少し負担していた場合、妻が負担していた分に関しては所得税・住民税の扱いになります。

ただ保険料を誰が払っていたのかが分かっているのなら、どういう税金がつくのかははっきりします。でも場合によっては、誰が負担していたのか分からないこともあります。保険証券にも誰が保険料を負担していたのか書かれておらず、知る術はありません。
保険料を支払った時期が最近で口座振替をしていたのなら、通帳を見れば誰が負担していたのかすぐに分かるでしょう。問題は、10年以上前に支払った保険金です。当時の通帳が残っているのならまだしも、昔の通帳をいつまでも保管している人は少ないでしょう。誰が負担したのか不明の場合、事実を確認した上で契約者である夫が負担したとみなされます。

生命保険と相続税の関係は少し複雑で、はっきりしない部分もあるでしょう。
でも重要なことになるので、しっかりと把握しておいて下さい。