死亡保険金は相続税の対象になるのか?

生命保険で相続税の関係、ご存知ですか?

死亡保険金は相続税の対象になるのか?

生命保険の保険料負担者と被保険者が同じひとりのケースでは、死亡保険金は相続税の課税の対象となります。
ただ、必ず相続税の対象になるわけではなくて、相続人が死亡保険金を受け取る場合に限って、受け取る保険金のうち非課税枠というのがあって非課税になるのです。
死亡をきっかけとして法定相続人となった人が取得する生命保険金や損害保険金については、法定相続人の数で異なりますが一定の金額まで非課税となります。

例えば、死亡した夫が受取保険金3,000万円の生命保険に加入していて、受取人が妻なら死亡保険金3,000万円を妻が受け取ることになります。
そして法定相続人が妻と子供2人の場合なら、妻が相続する生命保険金1,500万円までは相続税が非課税となるのです。
そうなると残りの1,500万円に税金がかかると考えてしまいますが、生命保険の非課税枠以外にも控除ができるものがあるのです。

相続税には、基礎控除や債務控除というのがあって、保険の非課税金額や債務控除額を差し引いて残った相続財産の金額が基礎控除の範囲内なら相続税がかからないことになります。
ちなみに、基礎控除の金額は3,000万円+600万円×法定相続人の数と言った式で計算できますし、債務控除とは相続財産から控除が可能な債務のことです。
また配偶者に関しては配偶者控除というものがあって、1億6,000万円までは実質非課税となって、1億6,000万円を超えているケースでも法定相続分の範囲内なら非課税となります。
つまり、相当高額な死亡保険金でない限りは、生命保険金が相続税の対象となることはないと考えられます。

このように生命保険で受け取る死亡保険金は、非課税枠や基礎控除などを考えると相続税の対象となることはほとんど考えられません。
その為、死亡した人から現金でそのまま相続するよりも、死亡保険金で受け取る方が同じ金額でも相続財産の評価額を下げることができるので税金対策になるのです。